NHK委託会社の集金業務は弁護士法違反!裁判に勝ってNHKをぶっ壊す!!

NHK委託会社の集金業務は弁護士法違反!裁判に勝ってNHKをぶっ壊す!!

こんにちは!

NHKから国民を守る党・会見文字起こしボランティアのとにぃです。

NHKから国民を守る党が以前から行なっていたNHKおびき寄せ作戦(NHK集金人の悪質な行為を撮影してYoutubeにアップする活動)。それに対してNHKが1100万円の支払いを求める民事裁判を提起しました。

2020/9/15 NHKからの提訴についての緊急記者会見 | NHKから国民を守る党公式サイト

そのことが立花党首の闘志に火をつけ、NHKから国民を守る党ではNHK集金人の弁護士法違反についての追求を強めています。

今回は立花党首の動画を元に、NHK集金人の弁護士法違反とはどういうことか、実はNHK集金人側も被害者?!についてまとめてみました。

動画はコチラ(2020年10月5日UP)↓

NHK集金委託会社の悪徳な歴史も知れてとても興味深い動画です!

立花孝志とは?

NHKから国民を守る党党首。元NHK職員。2005年にNHKの不正経理を内部告発するが賛同者が現れず退職。それによる精神疾患と戦いながらフリージャーナリスト、パチプロとして活動。2013年に政治団体「NHKから国民を守る党」をたった一人で立ち上げ、2019年ついに国政政党となる。ホリエモン新党代表でもある。

NHK集金人とその悪質性

NHKの集金業務はおもに、委託会社の社員が行なっている

NHK集金人とは、NHKと契約していない家や受信料が未払いになっている家に訪問し、NHKとの契約を促したり未払い受信料を回収する人のことです。

現在、こういったNHK放送受信料の契約・収納業務はおもに、NHKから委託された民間企業が行っており、2020年10月現在、全国で220社以上の企業が業務委託契約を結んでいます。

「放送受信料の契約・収納業務」委託法人名 | NHK公式サイト

(その他、NHKと個人が業務委託契約をした「地域スタッフ」と呼ばれる人たちもいます。)

NHK集金人が引き起こす強引な営業活動が問題に

かつてはNHKの正職員が契約・収納業務を行なっていましたが、いつしか委託会社に任せるようになりました。そこからNHK集金人の悪質な行為が頻発し問題となっていきます。

・深夜に訪問したり、許可なく敷地内に侵入したりする
・しつこくドアチャイムを鳴らす、玄関ドアを叩く蹴る、大声を出すなどして訪問を強要する
・連日訪問を繰り返す
・威圧的な態度で契約を迫る
・払わないと裁判するぞ、などと脅す
・テレビがないか確認すると勝手に家に入られる
・自分の名前、会社名を隠し、あたかもNHK正職員であるかのように偽る
・都合が悪くなると逃げる

悪質NHK集金人 動画一覧(カテゴリ別) | n国応援.com

10月頭に群馬県前橋市で発生した事件では、立花党首、浜田議員が被害者のもとへ訪れ、被害届を出しています。

NHK委託会社、トラストコンサルティング(株)の集金人が被害者宅を訪問。「平成20年に契約してから不払いになっている。大変なことになる。」と言われたが、体調が悪いので帰ってほしいと扉を閉めたところ、被害者の名前を大声で叫んだりチャイムを鳴らしたりして訪問を強要した。NHK前橋放送局に電話をして確認したところ、平成20年に契約の事実はあるが、契約書はすでに破棄されていて手元にはないとのこと。契約した記憶はなかったので、そのことを集金人に伝えようとしたところ、すでにその場から逃走していたという事件。

【前橋東警察署被害届提出】NHK集金人による詐欺未遂事件と弁護士法72条違反の疑い

ついには犯罪まで!

2019年には委託会社社長がNHKの集金名簿を悪用し、実行犯が警官に成りすまして高齢女性宅に訪問、キャッシュカードを盗み現金を不正に引き出すといった事件まで発生しました。

NHK集金で得た個人情報使って窃盗、元社長に有罪判決
窃盗実行役に実刑判決 NHK契約者情報を悪用

そのほか、

・下着泥棒がしたいから集金人になったという集金人
・体で払えと婦女暴行をする集金人
・BSが映らないのに衛星契約に勝手に契約書を書き換える集金人
・鉄の玄関扉を曲げて、払わないと裁判するぞと脅してキャッシュカードを持ってコンビニまで行かせて現金を引き出させた集金人
・社員の給料を過少申告し、厚生年金、社会保険料をの支払いを免れていた委託会社

もう無茶苦茶…;;

こういった悪質な業務を始めたのはクルーガーグループ(株)で、25年も前から行なっているそうです。クルーガーグループの行ったところはぺんぺん草も生えないとNHK営業職員から評判で、そこの社員が独立して作った(株)エヌリンクスも相当悪質なのだとか。

他には(株)グッドスタッフ、練武建設(株)、(株)ワイズヴィジット、(株)UNITEUSなどが数々の事件を起こしていますが、現在もNHK委託会社として名を連ねています。

NHK集金人は弁護士法72条違反になる可能性大

NHK集金人の悪質性とそういった行為を野放しにしているNHK、それを問題にしない国会など「なんて国だ!!」とお怒りの方に朗報!

そもそも委託会社が未払い受信料を回収することやその仲介をすること自体が法律違反であるという可能性高いことが分かってきました。

どのような法律に抵触するかというと「弁護士法72条」です。

弁護士法72条とは?

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

弁護士法第72条 – Wikibooks

弁護士や弁護士法人ではない者が、報酬を得る目的で債権を回収したり、支払いの仲介をすることを禁止した法律です。

とすると、放送受信料の契約・収納業務の委託法人が行う「収納業務」が弁護士法72条違反である可能性があります。

禁止の理由は強引な債権回収を防止するため

なぜ弁護士や弁護士法人でない者が債権の回収をすることを禁止しているかというと、ヤクザまがいの強引な取り立てをさせないためです。

一方、弁護士や弁護士法人以外でも債権回収業務ができる民間会社について定めた「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)」という法律があります。法務大臣の許可を得たサービサー会社が多数登録されていますが、なぜかNHKは契約・収納業務でサービサー会社とは一社も契約していません。

会員会社一覧 | 全国サービサー協会について | 一般社団法人 全国サービサー協会

明言を避ける各省庁、各団体

これに対し、N国立花党首から、NHK、総務省、法務省、日本弁護士連合会などにノーアクションレター(とある業務を行なった場合に法律違反となるかどうか事前に確認できる制度)や質問状を送ったのですが、セーフかアウトか明確な回答を得られたところはひとつもないとのこと。

21:52〜

立花党首:今日返ってきたNHKの弁護士法違反(の見解)。開示しません。刑事裁判において無罪が確定した判決以外にそんなものがないから回答できません。総務省は、担当じゃありませんという文書が返って来てて、弁護士会も今日回答が来て、当連合会は個別具体的な事案が弁護士法第72条に違反するのか否かの問い合わせなどに対して見解を述べることはいたしておりません。お前ら日頃「これ非弁やないか!」って文句つけてるんですよ。実態を知ってる人からしたらふん!って話なんですよ。

【10月21日 (水)第13回 党定例会 ライブ】

法務省に関しては、国会の場でも質問しましたが、「個別の事案には答えられない」と明言を避けている始末。

3種類の弁護士法違反の裁判でNHKを徹底的に追い詰めています!

さいたま地裁では敗訴しつつも、有利な判決文をゲット!

一つ目は、個人がNHKを訴えるという裁判です。

昨年からさいたま地裁で進行していた、NHKに対して弁護士法違反なのではないかという裁判の判決が出ました。

残念ながら敗訴となりましたが、「NHK委託会社の社員が、NHKの使者という役割を超えた契約&収納業務を行なったら弁護士法違反になる」と反対解釈ができる判決文を得ました。

ということは、証拠さえおさえれば裁判に勝訴できる可能性がグッと高くなったということです!

政経ゆっくりチャンネルさんのN国総会切り取り動画(2020年11月23日UP)↓

受信契約を締結しに来た人物&受信料を受領しに来た人物がNHK委託会社の社員であれば、他人の法律事務に報酬を得る目的で関わったということで、弁護士法違反なのではないか、という主張をしていました。

ですが裁判にて、契約した者はNHKの地域スタッフで、受信料を受領した者はNHKの社員だったということが判明しました。

NHKの社員が受信料を受領することは正当行為なので、弁護士法違反には当たりません。

争点は、契約時に地域スタッフがどんな契約を行なったのかなのですが、テレビの設置日を聞き取りしただけで(それ以上のことをしたのかどうかの証拠がなかった)、NHKの使者としての役割しかしていないので弁護士法違反には当たらないという判決になりました。

敗訴にはなりましたが、NHK集金人が契約時にテレビ設置日を集金人が訪問した日にさせるなどの不正が行われていることは周知の事実。そういった契約は、NHKの使者を超えて独自に契約を締結したという解釈になるため、弁護士法違反になる可能性が非常に高くなります。

村岡弁護士によるさいたま地裁のNHK集金人弁護士報告違反裁判報告及び各議員との質疑応答 第14回総会7 NHKから国民を守る党 2020/11/18

個人がNHK集金人を訴える!

二つ目は、NHK集金人から被害にあった個人が、NHK集金人を訴えるという裁判です。

こちらもすでに進行しています。

2012年7月、クルーガーグループ(株)のナカジマ集金人にテレビがないのに衛星契約をさせられてしまった。その後、NHKに連絡したが取り合ってもらえなかったため裁判を起こす。だが、ナカジマ集金人を証人として呼び出すこともなくテレビがあったとして敗訴した。

その後ナカジマ集金人の住所がわかったため、集金人個人に対して弁護士法違反の民事裁判を提起した。

NHK委託会社の集金人を弁護士法違反で一般市民が提訴 さぁどうなる10月6日東京地裁406号法廷

NHK集金人が委託会社を訴える!

三つ目は、NHK集金人がNHK委託会社を訴えるという裁判です。

NHK委託会社の集金人が行う収納業務は弁護士法違反の可能性が極めて高いです。

そんな、違法となるような業務を社員にさせることは、労働契約法第5条・安全配慮義務違反となる可能性があるということで、(株)エヌリンクスを元社員が訴えました。

このエヌリンクスの元社員の方は、以前立花党首が動画で「現行犯逮捕する!」と発言したため上司に相談したところ、「録音されてると思ったら逃げろ!逮捕されたら捕まっておけ」という驚くべき指示をされたとのこと。

立花:特にどんな被害かというと、直接、集金人さんから僕に電話がきています。立花さんが弁護士法違反で現行犯逮捕するとYouTubeでおっしゃってるんですが、会社に聞いても明確な答えがなく、とにかくNHKに言われているからお前たちもこれまで通り集金して来いと。逮捕されたらただ捕まっておけと。上場しているエヌリンクスという委託会社がはっきり言っています。録音データも持っております。

2020/10/16 党定例会見録

実はNHK集金人も被害者

NHK集金人の中には、会社からのパワハラ、同僚からのセクハラ、厳しいノルマ、会社を辞めさせてもらえないなどのブラック労働をさせられている上に、訪問先の住民からの恫喝や暴力被害にも遭っているようです。

調べてみたらこんな記事が…。

「NHK集金人」をしていた24歳が見た悲惨。集金先で「ぶっ殺す」と言われ…

委託会社で集金人として働いた実録。訪問先で怒られることも多く、嫌われる仕事なので親や友達にも言えない。退職を決意するも辞職防止マニュアル(何か月以内に何人やめると、次の昇進はないというルール)があり、引き止めや先延ばしにされる。気の弱い人は夜逃げするしかなく、朝起きたら同僚がいなくなっていたことが多々あった。

(ちなみに、シングルマザーからなけなしの5000円を回収したくだりがありますが、まさしくそれが弁護士法72条違反)

立花党首の元にも集金人からの被害報告が多数きているそうです。

過去には、(株)エム・アール・エスに対して未払い残業代の支払いを求めて裁判が提起されました。労働基準監督署からもこんな酷い会社は見たことがないと言われるくらい劣悪な環境だったそうです。

(株)UNITEUSでは辞めようとする社員を軟禁までするそうです。

会社に酷いことをされた&現在されているというNHK集金人の方は、立花党首やN国コールセンターにご連絡してみてはいかがでしょうか。

弁護士法違反だと認められたら、悪質な集金業務が止まる!

法廷でNHK委託集金人が弁護士法72条違反だと認められれば、NHKは委託会社との契約を切らざるを得ないでしょう。そうすれば、悪質な集金人の訪問がなくなります!

いまどき自宅に訪問して契約しろ、金を払えなどを行ってくるのはNHKか詐欺師くらい。一刻も早くやめて頂きたいのですが、裁判となると時間がかかるのが現実。なので、今できることとして、NHKから国民を守る党では以下のようなサービスをされています。

NHKから国民を守る党が行なっているNHK集金人対策

N国コールセンター

NHK集金人がやってきたらN国コールセンターへお電話を!すべて対応してくれます。

NHKから国民を守る党 コールセンター
営業時間 9:00-23:00
電話番号 03-3696-0750
※約360日営業

でも、余裕のある方はやりとりをこっそり録音して、NHK集金人の弁護士法違反の証拠集めにご協力ください!

NHK撃退シール

NHKから国民を守る党が無料配布しているNHK撃退シール。これを玄関に貼っておけばそもそもNHK集金人が来なくなるという優れモノ!

NHK撃退シールのお申し込み | NHKから国民を守る党公式サイト

心強い地方議員の方々

NHKから国民を守る党には地方議員さんがたくさんいて、NHKの相談にのっていただけます。NHK受信料を払いたくない、NHK集金人に困っている方は相談してみてはいかがでしょうか?

党役員/所属議員 | NHKから国民を守る党公式サイト

暴力的な集金人がやってこない、NHKを観ないなら払わないが当たり前の世の中に!

N国の弁護士法違反の追及に呼応してか、NHKがテレビ設置の届け出を義務化するように総務省に要望を出したことがニュースとなりました。

NHKのTV設置の届け出義務化要望で炎上「肌感覚にズレ」と指摘も

届け出を義務化すれば戸別訪問をしなくていいので経費削減になるという理由だそうですが、ネット上では「それならさっさとスクランブル化したらいいでしょ!」と批判が集まりました。

このタイミングでの戸別訪問を抑えていきたいという動きは、NHK委託集金人が弁護士法違反である言い逃れができないとNHK側も危機感を持っているからだと思われます。

過去には3000億円の新社屋建設に非難が殺到したように、NHKを観たい人も観たくない人も現在のNHKに疑問を感じている人は多いと思います。

恐喝まがいの営業活動をする人間を訪問させるなんてあり得ません。

NHKを観たい人だけが正当な額の受信料を支払って観られる。NHKを観ない人はそもそも受信料を払わなくていい。そんな当たり前の世の中になるよう、これからもNHKから国民を守る党を応援していきます!

以上です。

NHKをぶっこわ〜す!

NHKから国民を守る党 公式サイト

NHKから国民を守る党 コールセンター
営業時間 9:00-23:00
電話番号 03-3696-0750
※約360日営業

NHK撃退シールのお申し込み | NHKから国民を守る党公式サイト


NHK問題カテゴリの最新記事